高校留学の費用は高いのか

日本で私立の高校へ行く場合、学習費の総額は年間約100万円です。対して高校留学をした場合、たとえばアメリカの主要都市近郊のボーディングスクールで寮費込となると年間500万円あるいは、それ以上に費用が必要な学校は多くあります。

しかし、その一方で、カナダの公立校やアメリカの一部の高校では、年間の授業料とホームステイ費用込みで200万円前後、それ以下の学校も数多くあります。もちろん、各地域で正式な卒業資格が得られる教育機関です。それでも、日本の私立高校へ通うよりも高いと感じる人も多いですが、日本国内の学習費の試算では、食費や生活費などは含まれていません。また、私立高校にたどり着くまでに私立の小学校や中学校に通っていたり、高校入試のための塾代や家庭教師代までいれるとそれなりの額です。

高校留学を考える人に追い風なのは国が返済不要なものも含めた奨学金を充実させ、希望者が留学できるように取り計らうと明言していることで、一部ではスタートしています。地方自治体も奨学金支給に積極的で、ある自治体では返済不要の給付型奨学金を高校留学では最大60万円支給しています。

また、費用を安くするために、子どもが高校留学をしている間、部屋が空くので、逆に日本に来ている留学生を受け入れるホストになることで、月に7万円、プログラムによっては10万円以上の謝礼が得られるものもあるので検討したい材料です。年間で結構な額になりますから、日本の私立校に言った場合の費用のギャップも埋められるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です