親子留学の魅力について

海外の文化や歴史に触れること、それを経験する機会として親子留学が人気です。
子どもだけでは心配が多い、まだ親がついているべき年齢である、子どもだけでなく親自身も留学をして様々なことを吸収したいなどと考える家庭が増えています。
そんなニーズに合わせて、現代ではプリ親子留学と言って短期間のプランから本格的な長期間のプランまで多く展開しています。
留学において親が子どもに望むこととして、海外で生活、勉強することで異国の文化や歴史、生活習慣に触れて視野を広げて欲しいというものがあります。
また外側から日本を見ることで、改めて日本の良さを知るきっかけとなり、日本人としての誇りを持つこと、そして将来的にグローバルな人間としての土台を作って欲しいというのがあります。

子どもの頃の経験は必ず大人になってから役に立ちます。
そして、子どもの吸収力はとても高いので、期待以上の様々な知識や力がつくはずです。

幼少期からの異文化コミュニケーションをとることで、将来の選択肢の幅をひろげるきっかけにもなるのです。
また、親自身にとってもキャリアアップにつながること、語学の習得で人生の幅が広がること、考え方の柔軟性が身につくなど自分自身の人生を更に広げるきっかけになるのです。
親子で経験することで共通の力、共通の思い出、共通の思いなどを通して更に親子の絆が深まるということにもつながります。
親子留学は親と子のそれぞれの成長を手に入れることが出来る貴重な経験となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です